• インテリアコーディネーター松浦千代美

「ご縁だからね。」

「あらぁ、また急行バスじゃない( ^ω^)・・・この時間帯はね

5本も急行バスでね、私は途中で下車したいのだけど・・困っちゃう。」

と独り言のように話をして、バス停の椅子に座込んだ老婦人。

久しぶりに乗ろうとしたバスに、私も待っていた時のことです。

時刻表を見てみると確かに各停の時間帯まで、後10分ありました。

「まだまだ待ちますね。」と私もその時間の長さが、気になり始めました。


「あっ、来ましたよ、今度は各停ですよ。」

「そうぅ。やっと来たのね。」とバスに乗り込もうとした時

「これも何かのご縁だから、ひとつどうぞ。」

と、飴を手に渡してくれました。

「あのね、今イチゴがいっぱい出てるでしょ~。」って

これもまた懐かしい、可愛い飴を頂きました。


そしてその老婦人は下車する時も、私を探して

「では、お先に。」と頭を下げて、バスを降りて行かれました。

素敵ですね。

こんな歳の重ね方をしたいなぁ。と思った冬の夕暮れ時でした。








3回の閲覧

© 2023 by Gracious Dwelling. Proudly created with Wix.com

1-800-000-0000   |   info@mysite.com

  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • Instagram - Black Circle