• インテリアコーディネーター松浦千代美

50才代のリノベーション

コロナ禍で家中の生活が多くなったのか

リフォームのお話が多くなりました。

お打ち合わせの内容は様ざまですが今回はキッチン

で悩んでいらっしゃる客様です。


お客様(50才代)

「主人が自宅で仕事をするようになって何だか

キッチンが気になり始めました。

キッチンに二人で立つことが多くなってきたん

です。それに気が付いたら収納の使い勝手も何だか

不便だなぁ。って思っています。」との事。


今まで気にならなかったキッチンのサイズが

人が二人立つことによって使い勝手が変わって

来たようです。

そこで色々な情報や映像が気になり始めて検索

をされたようです。

そして自分がどんなキッチンが良いのかわからなく

なったとおっしゃいます。

そんな時は

今のキッチンのどんな点が気になっているのか

HPで見るメーカーのどんな情報が気に入ってい

るのか色々と書き込める’’自分ノート’’を作って

書き込みをして行くことをお薦めしています。


そうすることで自分の気持ちの整理も付きます。

最近はご夫婦でキッチンに立たれる家も多くなって

いるようです。

どちらかの’’自分ノート’’を参考に使い易いキッチンに

出逢って欲しいです。











1回の閲覧

最新記事

すべて表示

YouTubeで観るアートの力

日曜日の夕ご飯準備はテレビで YouTubeのVOGUE JAPANの#Open Door でマリア・シャラポアの自宅を観ながらでした。 もう、大きな整った部屋を彼女のソフトな声で紹介 していくスタイルにちょっとはまって包丁を持った まま手を止めたくらいです。 何年前になるのかな? 全豪オープンテニスで彼女の試合を観戦したのは。 動画は力の入った試合の声とは違って自宅紹介は 夕方の時間にリラックス

© 2023 by Gracious Dwelling. Proudly created with Wix.com

1-800-000-0000   |   info@mysite.com

  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • Instagram - Black Circle